2015年12月12日

カラオケランキンパーティでクリスマスパーティーはいかが?

こんばんは、のんびです。
この記事を書き始めたのは昨年の年末、あと少しのところで書ききれていなかったので、だいぶ時間が経過してしまいましたが更新します。


もうすぐクリスマス、今でも一応は子どもたちはサンタさんがプレゼントをくれる日と楽しみにしています。

11月からずっと出さなくてはといいながら、ようやく今日クリスマスツリーを飾り付けました。
邪魔になるからと120センチのツリーを買ってもらったけれど、出して見ると今時にしては非常に小さく感じます。

もっと小さい時は良かったけれど、子どもたちはみんなツリーを抜かして大きくなってしまいました(笑)
だからといって新しいツリーを買う予定はありません。
子どもたちが飾り付けに興味を持たなくなったら私の事ですので孫ができるまでうちのツリーは出す機会がなくなるかもしれないなと思います。

我が家では毎年お決まりのクリスマスケーキを食べる、私が気が向いたらチキンを焼いてみんなで食べる位で、クリスマスパーティーらしいことを他にしません。

でも今年はカラオケランキンパーティーがあるので活用してみるのもいいかななんて思っています。

P1260314.JPG

テレビでカラオケの採点をする番組を見たことがあるので、おもちゃ屋さんで見たら欲しくなったようです。
でも、きっかけがないとなかなか遊ばないので家族で集まれば盛り上がるかも?!

S3640026.JPG

これだけでは遊べないので一緒にカセット?という言い方であっているのでしょうか?
こちらも一緒に購入しないといけません。

S3640032.JPG

外箱の写真がどこかへ行ってしまいました。
調べると、カラオケランキンパーティーミュージックメモリが正確な名称のようです。
カセットなんてもう古いですね(笑)

S3640027.JPG

使い方は簡単で、テレビと本体のマイクをコードでつなぐだけ。
メモリはマイクに差し込みます。

S3640028.JPG

思ったよりはキチンと採点されて遊べます。

S4150001.JPG

ビブラートの特訓をしてみたりもできるようです。

S4150003.JPG

私は1度しか歌ってみたことがなく、簡単ですなんて言っても子どもたちの方が準備して自分ではやったこともないのですが。

S4150004.JPG

私も特訓してみようかしら。。。

S4150002.JPG


買ってすぐに遊びたかったら、電池のご用意を忘れずに(^^)

S3640031.JPG


ラベル:採点 カラオケ
posted by のんび at 20:11| Comment(0) | キッズアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

チャレンジタッチで成績アップ?それともダウン?!

こんばんは、のんびです。
現在珍しく悩んでいることがあります。

と、いっても子どもたちの健康についてなどの深刻な悩みではないのですが、子どもたちの成績にかかわることなので、まじめに考えなければいけないと思って。

成績はいいに越したことはありません。
ですが、私は、成績をよくするという以前に、勉強が楽しいと思えるようになってほしいと常々思っています。

勉強が楽しい

楽しいから勉強する

勉強するから成績アップ

となってくれれば万々歳ですし(^^)

学校にいる間はほとんど勉強のために机の前に座っているんです。
勉強を嫌いになってしまったらその多くの時間を面白くない時間として過ごすことになるかもしれない。そう思うと、勉強は嫌いであるより好きな方がいいにきまっています。

そう思って、「勉強しなさい」と言う代わりに、付録などで楽しみながら取り組めるチャレンジなどの教材をさりげなく?与えてきたつもりです。
姉二人はそれで勉強に取り組む姿勢と習慣ができました。

問題は末っ子長男サンタです。
最初はチャレンジとチャレンジタッチをやって様子を見ていましたが、途中からタッチだけに切り替えました。ところが、ある日応援ネットで成績表を確認したら理解度が0%に!!

ご褒美見たさに毎日取り組んでいると思ったら、ご褒美を得るには取り組んだという事実だけあればよかったようで、まともに問題を解いていなかったんですね。
当然、学校の勉強の理解度も怪しい。。。

今は掛け算のバトルのようなゲームが配信されていて、そういったものは喜んでやっているのですが、漢字がものすごく書けなくて困っています。

本人さえ取り組めるのなら、今はまだ紙のチャレンジのほうがいいように思いました。

ただ、この従来のチャレンジも徐々に姿を変えてきているんです。
来年度からは、オリジナルスタイル、ハイブリッドスタイル、チャレンジタッチの3つの講座に分かれることに。

2年前、チャレンジタッチ開講で2つ選択肢ができたところで一度悩んだのに、また、またしても選ばなくてはいけないなんて〜(;_;)

ハイブリッドスタイルは魅力的で悩んだですけど、iPadの購入かレンタル費用が必要だし、イチコは今のままで行こうと決め矢先、やってきました、また案内が。

S4100001.JPG

そこにはなんと、「ポケットチャレンジDX」を使った学習のサポートは行いません。6年生用のSDカードのご提供もございません。と書いてあるではないですか!!

な、なんだってぇ〜!!(心の叫び)

。。。すみません、ちょっと、本当にショックだったもので(笑)

S4100004.JPG
↑[ポケットチャレンジDX]


これからは時代の流れで学習方法もデジタル化していくのでしょうし、それに伴う良い面もあるんだと思います。でも私の中では紙の教材を中心に書いて覚えながら、デジタルの副教材で理解を深める今のスタイルが一番しっくりきていたので。

iPadにしようとも考えたんですよ。
でもそうすると、毎日のデジタル学習+週1の紙テキストになってしまうので、今の紙中心の方がいいなと思ったんです。

そう思っていたんですけど、現在のままのスタイルはもうなくなってしまうんですね。

考えてみたら、紙なら紙だけで十分と思う保護者もいるでしょうし、3つに分かれるならばこれが自然の流れなのかも。※紙のテキスト+体験型教材はついています。


でも、でもね、ベネッセさん。
こう書いてあるならば、あと1年は使わせてほしかったんですよ。

S4100002.JPG

ハイブリッドスタイルを増やすための戦略ですかね?

個人情報の流出時も、チャレンジタッチの色の不具合の時も、そんなこともあるかと受け入れてきた私ですが、今回はまだ受け入れがたいです。

これも時代の流れで、ハイブリッドスタイル、受けてみたらとてもよかったと思うのかもしれません。いえ、きっと学習内容は実際に優れているんだと思います。

でもそれにはiPadの管理や費用、それから視力低下への不安もぬぐえません。

一度決めたのにまた悩み直し。

とりあえず、今のところの候補は、
イチコ、ハイブリッドスタイル
ニコ、オリジナルスタイル
サンタ、チャレンジタッチ。

S4100006.JPG

教材丸かぶりとか、何だかもったいないので、サンタはいっそのことポピーとかZ会に乗り換えるという手も考えたんですが、そうするとチャレンジイングリッシュの価格があがってしまうんですよね。

そして退会を躊躇するとか、まさにベネッセの思うつぼ(笑)

あと少し悩む時間はあるので、子どもたちと相談しながら決めて行こうと思います。

今回は愚痴のような記事に最後までお付き合いいただきましてすみません。
ありがとうございました☆

コース別教材/実力診断テスト/担任制赤ペン先生で、一人一人をしっかりサポート【進研ゼミ小学講座】>入会受付中!
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!




posted by のんび at 22:25| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

喘息の発作が起きてしまいました。。。

こんにちは、のんびです。
やっぱりダメでしたぁ〜。

って、何の事だかわかりませんよね。
最近書いていませんし。。。

ニコ、サンタ、ここのところ鼻炎がひどいとは思っていたけれど、
サンタは、薬飲まなくて大丈夫かちょっと心配だったけれど、、、

の後に続く言葉。

やっぱりダメでしたぁ〜。

ちょっと怪しい、ちょっとゼーゼーしている位でどうにかとどまってくれるようになったような気がしていましたんですが、薬を飲まなかったら発作が起こりました。

薬を飲まなくても大丈夫な期間ができるようになっただけなのに、飲まないでも乗り切れるかと油断していました。

最近は好きな物だけ好き放題食べている感じなのでなおさらよくありません。

「今日ウンチ出た?」
と聞いたら、
「出なかった。昨日も出てない。」
と言われました。

出ればよくなる訳でもありませんが、悪い時は腸の調子がだいたい良くないですよね。

夜1人で(姉と)寝るようにしていたけれど、お母さんがいないと寝れないというサンタなので、私も日頃の生活を見直すいい機会だと思って、今日からまた一緒に9時に布団に入るようにしようと思います。

ただ、9時に寝ようと0時に寝ようと、起きるのは同じ時間なのはどうしてでしょう。
早く寝るんだから、早く起きられたらいいのに!

これでは、やらなくてはいけない事が終わりません。
これから寒くなってくると布団から出られないので心配です。

少し、自分の出来る範囲を見直して、もっと子どもたちと向き合いなさいということなのでしょうか。
それが許されるというのは幸せなことではありますが。

自分なりに色々がんばっているつもりだけれど、もともとのんびり、何事もゆっくりしかできない性格。
周りのみなさんに頼りながらぼちぼちやっていきます。

自分がやりたいとすることと、人からやって欲しいとくることと、上手に調整してすり合わせていくスキルを持たないといけない。なんて、考えるようになるとは夢にも思っていませんでした。

到底うまくこなしてはいけそうにありませんけれど、無理のない範囲でやっていこうと思います。

愚痴のようなひとり言になりましてすみません。
最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。








ラベル:喘息 子ども
posted by のんび at 13:19| Comment(0) | 喘息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ