2016年12月20日

マイブックLIFEの新しいサービス365を作ってみました

こんばんは、のんびです。
今年もすでに12月も半ばを過ぎてしまいました。毎年同じように言っていますが、1年が早く感じられます。

忘年会に大掃除、年賀状やお正月の準備で年末は何かと忙しくなるのはわかっているのに、さらに追加された予定でバタバタしてきました。。。。
昨年の年末に想定外に追い込まれたことに懲りて年明け以降はなるべく余裕を持つようにしていたのだけれど、ここにきてまた昨年と同じことを繰り返しているかも。。。

でも、頑張った分、少しずつ成長しているはず。
そう信じて、今年もあと少し乗り切ります!!

今年もあとわずかというところで、うれしいことにマイブックライフの新サービス365のモニターをさせていただきました☆

S6130006.JPG


365はその名の通り、1年365日を好きな写真で迎えることができるアイテムで、日めくりカレンダーになっています。

どんな風に作るのだろうとまずはマイブックライフのサイトから365をつくるをクリックしてみると、最初に366枚の写真を取り込むように案内されました。
365を作る際、一番大変なのが、実はこの写真を選ぶ作業かもしれません。

まず最初に、365にアップするためのファイルをPC上に作ることから始めました。
選んだ写真は1月1日から12月31日までのフレームに順に収まるので、選んだ写真を季節感がバラバラにならないようにファイルの中に順序良く並べておくことが大切です。

ですが、写真のチョイス方法はひとそれぞれ。
お子さんが生まれてから毎日写真を撮って記録している方がいますよね。365を知った時に、それを日めくりカレンダーにしたら素敵だなと思いました。
その場合は生まれ月によって季節は違ってしまいますね。

私は長女が生まれた日から今までの写真の中で選んだため、とっても時間がかかりました(><)あまり広すぎる範囲で選択するよりは、1年の出来事とか、趣味の事など、選ぶのが苦にならない範囲で決めた方が作業は楽だと思います。

S6130008.JPG

取り込んだ写真はフレーム内に収まるように位置の移動ができますが、大きな編集はできないので写真いっぱいに人物が並んだ時には一人をカットしなければならないなんていう事態も。その時には写真を入れ替えることも可能です。ただ、私の場合パソコンの問題なのか写真の入れ替え作業をしようとすると固まってしまったり、応答しなくなってなってしまいました。
最終的には面倒になって、3人を2人にしたり、顔は切れても無理やり収めたり、集合写真だけれど1人に消えてもらったり。

ちなみに、この上の写真も3人並んで寝ていたのをカットしてあります。
本当は3人が同じような格好で寝ているのが面白くて選んだはずだったのですが、言われなければわかりませんよね。他の写真も全体で見れば出来上がりはうまくプリントされているので満足です。

S6130005.JPG

なにしろ365枚は多い!!
すごい厚みです(^^)

忙しい方は時間のある時に少しずつ写真をファイルにまとめておくとよいですね。

これも、私のパソコン側の問題かもわかりませんけれど、マイブックのアルバムを作った時は途中でも編集作業までが保存されたので、そのつもりで完成まであとわずかなところで閉じたら一番最初からやり直しに。。。
(本来ならば「マイアカウント」に保存されるそうです。)

アップロードした写真はちゃんと保存されているので、そこからは慌てずに最後の仕上げは時間に余裕をみて取り掛かったほうがいいと思いました。


S6130003.JPG

しっかりした箱に入って届くので、プレゼントにもいいですね。
本当は、実家の両親にプレゼントしてもいいかと思っていたのですが、届いてみたら手放すのが惜しくなりました。

S6130002.JPG


画質はキレイを保ったまま、どこか懐かしさを感じるノスタルジックな風合いに仕上がっています。


S6130004.JPG

ハッキリとはお見せできませんが、表紙は最初の6枚の写真が組み合わさっておしゃれにデザインされています。

撮ったままパソコンに眠っていた写真がこうして日めくりカレンダーになったことで日の目をみることになりました(^^)子どもたちも興味津々。早くカレンダーをめくりたいが故に新しい年が待ち遠しい!
だけどまだ仕事が終わらないので、年が明けてしまっては困ります。。。

今年の仕事は今年のうちに終わらせて、新しい年をスッキリと迎えられるようにがんばります。

最後までお付き合いありがとうございました。

⇓もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
365


試しに画面上に作って作業を体験することができます。
注文するまでお金がかからないので、365、作ってみたいなという方は試してみてください♪




posted by のんび at 23:39| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

排水口のぬめり防止にオシャレな置くだけタブレット

こんばんは、のんびです。
突然ですが、問題です。これは何でしょう?

P1280852.JPG

クイズ形式で問いかけてみたのは、自分自身が初めて見るアイテムだったからなのですが。。。
みなさんはご存知でしたでしょうか?

正解は、タイトルにもありますが、排水溝などのぬめりを防止するタブレットです。
でもこれ、何も聞かされないで初めて見たら、ぬめり防止用のタブレットだとはわかりませんよね?

使い方は、きれいに洗った排水溝やストレーナー、三角コーナーに置くだけ。
各箇所に置く場合の注意点は説明書にも書いてあります。

S6070004.JPG

早速使ってみました!

S6070003.JPG

排水口周りを掃除して。。。
置くだけ!
簡単です。

S6070005.JPG


排水口にこうして置いてあって、初めて何のための物かわかりそうですが、こういったタブレットがあると知らなければなんだろうと思いますね。

これとは違いますが、ぬめり防止のタブレットは生協で購入して以前使用したことがあります。その時使ったのは黄色くてもっと平べったい形状の、いかにも生活雑貨という代物でした。
役割をはたしてくれればそれだけで充分ありがたい事ですが、そこにおしゃれ心が加わるとちょっと幸せを感じられますね。

S6070008.JPG


置いてあるだけでオシャレ!
洗い物をする手もはかどりそうです。

ただ、いい加減な私がこの後タブレットがひっくり返って裏返しになったのをそのまま放置していたら、翌日にはプリントされた文字はもう消えてしまっていました。。。
だんだん小さくなって減っていくので、少しでも長くかわいい状態を保つには、プリント面をきちんと上にして置いておくべきですね。ほとんどの方にはそんな注意は必要ないでしょうけれど。


肝心のぬめり防止の効果ですが、どの程度ぬめらないでいるか1週間掃除をしないで置いてみました。
なるほど、タブレットが接していないストレーナーより下の部分は多少汚れた感じもありましたが、ひどくぬめる感じはありません。ストレーナーの細かい網の目は全くつまる様子もなく、きれいなままでした。

暖かい時期と比べるとキレイなのは当たり前でなのでだんだん気温が下がっている今とちょっと前とを比べるのは正確ではありません。だけど、置かない時と比べれば置いてある方がきれいな状態が保てそうです。

キレイの秘密は抗菌作用のあるMK菌・グレープフルーツ種子抽出物とMK菌を安定させるホタテ成分。

S6070006.JPG

成分が広がって雑菌の繁殖を防いでくれるそうです。

排水口周り、汚くなる前にマメにお掃除しなくてはいけないのでしょうけれど、なるべく触りたくない、掃除の回数は減らしたいという方は多いはず。
手の届きにくいところのぬめりやにおいを防いでくれるのもうれしいですね。

S6070001.JPG

ぬめり防止タブレット、キレイ好きな人にも、そうでない人にも嬉しいアイテムです。

お風呂場にも使えます♪

⇓置くだけでぬめりが消えるしくみ、詳しくはこちらから
フェリシモ ホタテプラスでバイオをサポート 排水口に置くだけ ぬめり防止タブレットの会
2017年1月31日までキャンペーン価格です。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます♪


フェリシモ「コレクション」
posted by のんび at 21:35| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

今年勝手に実った植物はかぼちゃでした

こんばんは、のんびです。
ご無沙汰しておりますが、変わらず元気です(^^)

この記事、10月中に書ければハロウィンの時期にピッタリ?だったのですが、いつものようにのんびりしていて今になってしまいました。

今年勝手に実ったものシリーズ。
ブログの更新頻度は低いけれど、年数だけは重ねて、年に1度位なのに勝手に庭に生えてくるものを、シリーズ化できるほどになりました(笑)

もうタイトルに書いてありますが、今年勝手に実った物、それはかぼちゃです。

ここ何年かは冬瓜が出てきていたので、今年芽が出て葉が生い茂っている間は冬瓜が実るものだとばかり思っていました。

⇓過去の記事を読んでみたい方はこちらをどうぞ
今年勝手に実ったのは冬瓜でした


最初になりかけていた実はどういう訳か途中でダメになってしまったのですが、そのあと育った実がどうもかぼちゃっぽいと気が付いたのはしばらく経過してから。
最初から実が緑色で、皮の白い冬瓜とはどうも違うような気がしていたけれど、こんな感じだったかしら?と
ずっと思っていたのです。思い込みとは怖い物ですね。

初めて冬瓜ができた時にはかぼちゃじゃないかと思っていたのに、かぼちゃができた時には冬瓜だと思うとは。

よくご存知の方は簡単にわかるのでしょうけれど、素人目には冬瓜とかぼちゃの葉はよく似て見えます。

P1280506.JPG
真夏には青々と茂っていた葉も、台風の影響もあってか、写真に収めた頃はだいぶ枯れていました。

⇓かぼちゃの葉
P1280508.JPG

こちら、冬瓜の葉⇓
P1170603.JPG

冬瓜の方が先が分かれていると言うか、ギザギザしていると言うか、比べてみると違いがわかります。
でもたぶん、どちらがどちらか忘れて、来年出てきてくれたとしても、私はきっとわからないでしょう。。。

さて、かぼちゃの実がなったのはよいのですが、いつ収穫して良いのかがわかりません。
しかし便利な世の中になったもので、検索すると、かぼちゃを栽培されている方がたくさん解説してくださっていました。

すごく簡単に言うと、実の上部分のつるが横にひび割れてきて、さらに縦の線が入ってからが収穫時ということです。なんとなくはわかったけれど、ひびが入ってからどのくらいそのまま置いておいても大丈夫なのかとか、実際にはわからないまま。私の説明では参考にならないと思いますので、かぼちゃの収穫時についてきちんと知りたい方は、写真入りで親切丁寧に書かれている他の方のブログを参考になさってください。

P1280501.JPG
これは、ひびが入っているけれど、まだちょっと早そうですね。

P1280505.JPG
こちら、木にぶら下がって、ちょっとヒョウタンのようです。

収穫してから1〜2週間ほど涼しいところに置いてから食べた方がよいという情報を得たので、少し寝かせてからおいしくいただきました。

来年は何が生えてくるかな〜?なんて。
ちゃんと育てようと言う気持ちは起こらないようで(-_-;)

1年後も変わらずのんびり平凡に暮らせていたら、また書きたいと思います。
何気ない日常に感謝。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



タグ:かぼちゃ
posted by のんび at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ