2017年03月26日

ドラえもん好きの子どもにドラゼミお試しを与えたその後。。。

ドラえもん好きのサンタがテレビの宣伝を見てからずっと行きたいと言っていた映画ドラえもん「のびたの南極カチコチ大冒険」。春休みに入ってから祖父母に連れて行ってもらい、大満足のようでした。

公開前から観たいと言っていたのに前売り券を買わなかったのにちょっぴり後悔。この次は早めに準備しようと思います。来年になってもまだドラえもんの映画をみたいと言うかどうかはわかりませんが。
ドラえもん映画を観るのがわかっているならば、前売り特典がもらえる早いうちに購入するのがベストです。特典のおもちゃなども成長とともに欲しいと思わなくなってしまうかと思うとちょっと寂しいですが、それだけ子どもたちも成長してきたということですね。


さて、ドラゼミのお試し教材を取り寄せただけなのに、これからずっとやるのだと思ったサンタはチャレンジタッチとドラゼミどっちもやると宣言しました。

S6480004.JPG

自ら勉強すると言ったのはえらいのですが、本当にそんなにできるでしょうか?
よっぽど勉強好きな子どもだったり、目指す目標が高いなどという理由がない限り、通信教育2社も同時に利用する必要もないですよね。なにより教材費が二倍になるのと支払いがキツイです(><)

チャレンジタッチは基本問題しかやらないし、一緒についてくる紙教材にも取り組まないので最初はドラゼミまでやらせる気はありませんでした。

しかし、本人がやる気ならちょっとやらせてみるのもいいかも?という気がしてきて。。。

わが子の中で初めてのドラゼミ入会!

本当はチャレンジタッチで基礎から応用までの問題にきちんと取り組むのがベストなのですが、1年の頃からずっとやりきれていないので、視点を変えて目新しい物を与えたらやる気も変わるかと様子を見ることに(^-^;

S6480001.JPG

3月号からの入会。
切りよく新学年の4月号からでもよかったのですが、3月はまとめの号でもあるので宿題のない春休みに取り組むのにちょうどよいです。
お試し教材に入っていたチラシの乗り換え割りが4月17日まで延長されていたのでそれを利用して初回会費無料になりました。乗り換えと言っても、うちの場合はチャレンジの会員番号を提出しただけで、実際に辞める必要はありません。

S6480002.JPG

↑ココにも↓ココにもドラえもんがいるのでドラえもん好きのこどもはテンションあがりますね(^^)

S6480003.JPG


⇓最初に届いた教材⇓
S6480005.JPG


国語と算数は1冊のセットになって毎月届くのですが、社会と理科は年間で1冊ずつらしく、これが物足りないという方もいるようです。

S6480005.JPG

S6480008.JPG

かわいいファイルが入っていると思ったら、添削テスト用のファイルでした。

S6480010.JPG

届いてからというもの、宿題、チャレンジ、ドラゼミをやったらゲームができると、頑張っています。
動機が不純ですが、これでやる気が出るのならうちはこれでいいと思っています。もっとよいご褒美もあるでしょうし、ご褒美がなくとも頑張れる子もいるかもしれません。でもサンタは他の何よりこれで釣れるので(笑)逆にこれがないと「勉強しない➡勉強がわからない➡勉強嫌い」となりかねません。

これが紙のチャレンジだったらドラゼミまでやるのは難しいと思うのですが、チャレンジタッチはゲーム感覚でやっているので、全部取り組んでもそれほど時間はかかりません。本当はもう少し時間をかけてやってもらいたいんですけどね。

3月も末なので実はすでに4月号が届いているのですが、まだまだ3月号が終わるのが程遠いのでまだ開けていません(><)ドラゼミはチャレンジと違って教科書に沿った内容でないので、本人がやりたいと思えるところまでやれればいいかなと思っています。

毎月払いよりお得な6カ月一括払いで支払いをしているので、そこまでは続けると思うのですが、その後はその時考えるつもりです。

ドラゼミで勉強の好きな子になってくれるとうれしいです(^^)


子どもが喜ぶ通信添削o




【関連する記事】
posted by のんび at 21:24| Comment(0) | 教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

小3の息子にドラゼミの無料お試し教材を与えてみました

今日も空いた時間をのんびりと過ごしすぎて、あとから時間に追われているのんびです。

このブログのどこかにも書いてあるはずなのですが(たぶん)、ず〜っと前にサンプルを取り寄せて子どもに体験させたことのあるドラゼミ
当時はそれほどドラえもんが好きなわけではなかったのですが、最近になってテレビ番組の中でドラえもんが一番好きだと小3の長男サンタが言うので、ドラえもんが好きな子こそドラゼミだ!ドラゼミで勉強のやる気がアップするかもしれない!と期待して、ドラゼミのサンプルがもらえるこの機会にやらせてみることにしました。

S6320002.JPG


ドラゼミのサンプルが届いた時の反応

「ぼくはドラえもんが一番好き。」と言う位だからドラえもんのイラストの封筒を見たら喜ぶかと思ったら、さすが3年生?!中身は勉強をするものだとわかっているので全然食いついてきません(笑)

そんなに勉強嫌いに育ててはいないと思うのですが、タイミング悪くちょうど遊びに夢中になっていた頃に声をかけたのが失敗の原因でした。

それはそうですよね。遊んでいるところに水を差されたら嫌がるのも仕方ありません。
こちらからやらせようとするのと、自ら取り組む方のとではその後のやる気が全然違います。
自分の経験上、やりなさいと言われると今からやろうと思ってたのになんて言ってやりたくなる気持ちはよくわかるので(笑)子どもたちには極力強制するような言い方はしないようにと思っているのですが、ついついやる気をそいでしまう言葉を口にしてしまうこともあります。今回は口を出さず、さりげなく教材サンプルを机の上に置いておくべきだったと反省しました。

S6320003.JPG


ドラえもんのキャラクターを見てやる気を取り戻す

最初の取り掛かりは良くなかったものの、サンプルブックを開いてみるとドラえもんやのび太君のキャラクターが吹き出しで話しかけてくるので、興味を持った様子。
文字ばかりのテキストを見るのが嫌いな子にも取り組みやすそうです。

S6320007.JPG


全てのページにドラえもんがいるので、いかにも勉強のテキストという感じがしないのがいいですね。
でも中身はしっかり子どもに考えさせる内容で、ドラえもんと一緒に学んでいるような気分で取り組めそうです。


S6320008.JPG

実際に書くことで図形のセンスも磨いていけます。


マンガを使って思考力・表現力をつける作文問題

コミックスそのままのエピソードからつくられた作文の問題がありました。これなどは、勉強しなさいと言わなくても自分から読んでくれます。


S6320006.JPG

ドラゼミは作文力にも力を入れているようなので、自分で考える力がつきそうです。ただこの自分で考えるというのがわが子にはややハードルが高いかなというのがサンプル止まりになった原因でもあるのですが。
私の個人的な考えではありますが、Z会もそうですが、教科書の内容よりもさらに上の力をつけたい子供に向いているような気がします。とはいえ、ドラゼミはドラえもんが応援してくれるので、うちの子のようにマンガを読むのが好きな子に親しみやすいでしょう。


各教科書を研究したオリジナルカリキュラム

改めてドラゼミサンプルを手に取ると、クロスワードパズルや図形の写しなど、新しいことに触れて自分で考える問題はとても魅力的だと思いました。

ドラゼミは、文部科学省が認定した教科書(国語5社、算数6社)を研究して独自に開発したオリジナルカリキュラムなのだそうです。

今までは教科書に沿った勉強ができるほうがよいと思っていたけれど、教科書にこだわらずとも、1年間で学年の学習内容は身につくようになっているので違う角度から学べるのもいいものだと思いました。
教科書の内容を丸暗記するよりもかしこい子どもに育ちそうです。

ただ、その分習っていないことがあるとわからないところを聞いてくるので、親も一緒に考えさせられる場面も多いかもしれません。私のように勉強は自分で全部やってほしいと思っていたり、忙しくてじっくり見てあげられないおうちはオプションにあるテレビドラゼミの授業映像を頼んだ方がよさそうだと思いました。


ちょっと気になるドラゼミ賞

個別担任が添削してくれて返却されるとドラゼミ賞のシールが届きます。チャレンジでいうと赤ペン先生とガンバリシールのようなものですね。

チャレンジの努力賞プレゼントも種類がたくさんあるのですが、最近はやや飽きてきたのか努力賞への興味が薄れてきたようです。

ドラゼミ賞の案内を見ると、子どもたちがお小遣いで買っているコロコロコミックスやチャオ、ドラえもんのマンガが紹介されています。目標があるとやる気がでます。あえてあまりよくない言い方で言うと、ご褒美でつるというのには抵抗のある方もいるかもしれませんが、私はうまくつれたらそれでよしと思っているので、このドラゼミ賞の内容も面白いと思いました。

チャレンジタッチかドラゼミか

さて、最初は渋っていたのに、教材サンプル1週間分を終えると、それがサンプルだと思っていなかったらしく、ぼくはチャレンジタッチとドラゼミをがんばる宣言。
最初にすぐ取り掛からなかったのは、これからずっとドラゼミもやらなければいけないと勘違いして反発しする気持ちも手伝ったようです。

そんな風にやる気になったところ申し訳ないのだけれど、塾に比べれば経費がかからないとはいえ、一人に二つの通信教材は贅沢というもの。そんなにやる気があるのならばやらせてみたくなってしまう気持ちもありますが、どちらか、ではなく、どちらも、は厳しいかな。。。


S6320005.JPG

S6320004.JPG

ドラゼミ教材サンプルブックは、表と裏で国語と算数の1週間分のお試し教材が1冊になっています。

どの通信教材にするかは、親目線で見れば費用やどの程度までを目指すかのレベルが重要になってきますが、子どもが楽しく続けられるかがなによりも大切です。

せっかくお金を払っているのに全くやらないなんてもったいないですしね。
これから通信教材を考えている方は料金の比較や評判など検索して調べているところだと思いますが、子どもの感触をつかむためには余裕を持ってサンプルに取り組む時間をつくることをお勧めします。

それから入会を決めたら、ドラゼミもそうですが、お友だち紹介制度でプレゼント特典がもらえたりするところもあるので、周りのお友だちに入会している子がいないか聞いてみてから申し込んだ方がいいですよ♪
※兄弟、お友だち同時入会でもプレゼントがもらえるそうです。

⇓サンプルはコチラから申し込めます
ドラゼミで学力アップ


最後まで読んでいただきありがとうございました☆








posted by のんび at 22:18| Comment(0) | 教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

子どもに好評、話題のスピルリナ配合成長期応援サプリ「ノビルン」

こんばんは、のんびです。
最近クリオネがスーパーで販売されているのを見て驚きました。
クリオネが見られる場所といったら北海道まで行かない限りは水族館のような場所しかないと思っていたのですが、個人で飼える(買える)んですね。
しかも、鮮魚売り場で(゚д゚)!

買う(飼う)つもりはないのですが、エサはどうするのか?どうやって飼育するのかが気になって検索すると、冷蔵庫の中で1週間に1度程度の水替えで飼育できると紹介されていました。海水が手に入る環境であれば思ったほどの手間もなく飼うことができるんですね。上手に育てれば1年位生きているという事です。

飼っている生き物が冷蔵庫に入っているのは抵抗がありますが、そのうちペットとしてクリオネを飼うのがポピュラーになって子どもたちの話題になる日が来るかもしれませんね。

クリオネの生態はまだまだ謎の部分もあるようですが、寿命は2〜3年で、1年程度で大人になるとか。
体調は2〜3センチになるそうで、思ったよりも大きくなるんだなと思いました。

ひょんなことからクリオネに興味を持って調べてしまった私ですが、クリオネの育て方よりも今もっと気にしなくてはいけないのは自分の子供の成長です。

身長140センチ代の母親(私)を筆頭に小柄な大人の多い我が家。わが子が生まれた時から気にはしていたのですが、まぁなるようにしかならないと思ってしまいがちの性格なので、これではいけない、もっとできることはやっておかなくてはと思い始めました。

これまでも少しは本を読んだりして、食事や運動、睡眠に気を付ける生活はしてきたつもりです。




これ以外にも何冊か。読んで、実践しないと意味がないんですけどね。
食事のメニューはあまり自信がないし、寝るのが遅くなったり、思うように運動の時間がとれなかったり、できないことも多いです。。。

サプリメントは成分を過剰摂取してしまうのではないだろうかとか、必要のない成分まで摂ってしまいそうなので積極的に利用してもいいものかどうかという心配があって、自分の中でも肯定的な部分と否定的な部分があります。

子どもに与えるには慎重になりたいところで誰にでも簡単にお勧めすることはできませんが、できることはやっておこうという気持ちで利用したものについて参考までにご紹介していきたいと思います。


最近子どもたちに好評だったのが、子どもの成長期応援サプリ「ノビルン」です。

P1280932.JPG

高光製薬株式会社よりご提供いただきました。


ラムネのように食べられるタブレット

先にお断りさせていただきます。

「ノビルン」の内容量は1袋60粒。
1日に食べる量は2粒まで。

我が家は子ども3人。お子さんが一人の場合は約1か月持ちますが、一人の割りあて60÷3=20。10日分しかないのでじっくり試してみる時間はありませんでした。

1か月使用したにしても短期間で効果がわかるようなものでもないと思いますので、これで身長が伸びたとか伸びないとかは何も言えませんが、良くも悪くも10日であっという間になくなったということは事実としてお伝えできます。
もっと食べたいもっと食べたいと言って毎日とても楽しみにしていました。
ごまかして多く食べてしまうんじゃないかと疑っていたんですが1日2粒までの約束を守ってよく我慢しました(笑)

もともとラムネ好きの子どもたちなので、とても美味しかったようです。
私も少しいただきましたが、少々酸味が強いソーダ味という印象でした。

毎日食べたらいつかは飽きてしまうかもしれませんが、2粒しか食べられないというのがポイントで、継続しやすいように思います。簡単で、美味しく食べられるところがいいですね。

うちの子たちの場合なので、もしかしたら食べたくないと言うお子さんもいるかもしれません(実際にAmazonでは子どもが食べてくれなかったというレビューもありました。)が、お菓子感覚で食べられると子どもがすすんで食べてくれるので、お母さんも無理強いしなくて済みますね。

P1280936.JPG

私にラムネみたいだよと教えられた後に実物を見た子どもたちは、小さい粒を想像したらしく、思ったよりも大きくて驚いていました。


「ノビルン」に含まれる成分は?


子どもが口にするものなので、全成分も気になります。

成分のいい悪いの本当にほんとのところはわかりませんが、医薬品レベルの品質を確保するための基準GMP(Good Manufacturing Practice)を満たした、【日本国内認定工場】で製造。
【無添加】【放射能検査・重金属検査クリア】で安全性も十分に認められているそうですので、危険なことはなさそうです。

あまり参考にならず申し訳ありませんが、表示してある原材料をここに記しておきます。

原材料名
砂糖、マルトデキストリン、ドロマイト、卵黄蛋白加水分解物、乳清たんぱく、米たんぱく質、オリゴ糖、スピルリナ原末、α-GPC加工食品(α-GPC(グリセロホスホコリン)、加工油脂)、L-オルニチン塩酸塩、L-シトルリン、酸味料、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、結晶セルロース、香料、プルラン、L-アルギニン、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンB6、ビタミンK2、ビタミンD、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆含む)


P1280939.JPG

砂糖とか甘味料などアレルギーの子には気になる方がいるかもしれませんが、成分としては子供の成長期に必要な栄養素をバランス良く配合しているんだそう。

「ボーンペップ:カルシウム:マグネシウム=3:2:1」というのが、黄金バランスで、カルシウムの吸収力、丈夫な体づくりによいそうです。
カルシウム、マグネシウムはともかく、ボーンペップとは初めて聞く言葉です。何やら骨に関係しそうだなという感じはしますが、骨の成長を促す注目の成分だそうで、カルシウムと一緒に摂ることで発揮されるとのこと。

カルシウムだけじゃ身長は伸びない、ということはよく言われていますよね。食べ物で補うのが一番ではありますが、本当に効率よく補えるとしたらうれしいことです。

栄養価が高いと知名度も上がってきた話題のスピルリナも入っています。


ノビルンで本当に身長は伸びるのか?

子どもの身長を伸ばしたいと思われる方が一番気になるのは、身長(背)を伸ばすサプリメントに本当に効果があるのかというところだと思います。それが確実にわかっていればあまり悩むことなく購入できるのですが、せっかくお金を出したのに何の変化もなかったらガッカリですものね。

私も試してみているわりにはこうしたサプリメントには否定的な感情もあるというのが正直なところ。。。

だって、身長って、成長期であれば伸びるものですよね。特別なことをしなくともグンと伸びる時期に見違えるように大きくなる人もいると思うのです。たまたまその時期に背を伸ばすためのサプリメントをとっていたら、身長がすごく伸びたのはサプリメントのおかげだと思うこともあるだろうな、と。ウソをつくつもりはなくても、たまたまそうなったことをサプリメントの効果だと思うこともあるかもしれません。

しかし逆に、本当に効果があってもそれを証明することは難しいのではないかと思います。
できる範囲でやれるだけのことはしてあげたいと思うのも親心。。。

ちょうど伸び盛りの子供たちです。美味しい美味しいと食べていたので、定期購入、申し込んでみたいと思います。
初回1980円、2回目以降は2,980円だそうです。通常価格が6.900円でこの価格設定はどうなんだろうと思いましたが、Amazonでは定価で販売しているところもあり、割引されていてもここまで価格まで下がっているところはありませんでした。


定価で販売のお店よりも定期コースがお得です↓
身長は遺伝じゃない?!栄養機能食品「ノビルン」>>詳しくはこちら
※定期コースは原則3回継続がお約束となります。


サプリメントをとらせているからと油断は禁物。
一番大切(だと思う)な食事、運動、睡眠にはこれからも気を付けて、それからくよくよしないことも大切なので、悩まず前向きに笑いいっぱいの楽しい毎日を心掛けて行こうと思います。







posted by のんび at 21:39| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ