2016年04月08日

進研ゼミ+小学生講座はタブレット(ipad)とチャレンジタッチにしました

こんばんは、のんびです。
新年度が始まりました!

今までやっていたチャレンジも「進研ゼミプラス+」となって家庭学習も新たにスタートです。

「進研ゼミプラス」が開講して、小学生講座のコースが3つになったんですよね。
2年前にチャレンジタッチが開講した時には紙かタッチかの2つでも悩んだのに、3つの中から選ばなくてはいけないなんて、また再び悩みました。

悩んだ末に、最初は上の子から順に
ハイブリッドスタイル『タブレット(ipad)』、
オリジナルスタイル『紙のテキスト』、
チャレンジタッチ
と考えていたのですが、
実際には
ハイブリッドスタイル『タブレット』、
ハイブリッドスタイル『タブレット』、
チャレンジタッチ
になりました。

P1270018.JPG

チャレンジタッチの☆部分はボールペンで署名がしてあったので隠しました。。。
普段はよその方に見られる訳でもないので別にいいんですけれど、子どもは何でこう余計なことをするんでしょうね(・_・;)
自分のものに名前を書くなんてえらい!愛着を持って使っている証拠だと、よい方向に受け止めたいと思います。(一番最初にコラショとした「いやいや床」(床に置かない)の約束も全然守れていないので、本当は大事にしているとは言い難い部分もあります。)

しかし、ガラケーからスマホへもなかなか買い替えなかった私たち。
そんな我が家にタブレットが2台も増えるとは!!
自分でも驚きです。

不具合で携帯ショップに行ったのがきっかけで、いずれ買う予定なら今がお得というセールストークにのせられて契約&購入してしまいました。いきなり2台は全く予定していなかったのですが。我が家の携帯会社との契約形態と使用状況、買い替えのタイミングで、実際に考えていたよりも少ない負担で購入できてよかったです。

S5150028.JPG

デジタル教材は必要ないというご家庭にとっては紙のみで学習できる教材を選ばれていると思います。
私も子育てを始めた頃には余計なおまけのような教材やゲームのようなものはいらないと思っていました。

でも実際にわが子に与えてみると、大人には無駄に思えるような教材でもそこから勉強に結びつくようにうまくできているんですよね。楽しく学べる工夫があるので、進んで取り組んでくれました。

チャレンジタッチはまた別ですが、タブレットコースのハイブリットスタイルと紙のテキストのオリジナルスタイルには同じ副教材がついています。

S5030026.JPG
↑ほんの一部です。


昨年まではこの副教材の中に、顕微鏡や漢字辞典などにプラスして携帯ゲーム機のようなデジタル教材も入っていたのですが、今年度からはなくなったようですね。
ただ、パソコンでサイトにアクセスすればゲームや問題を解くことはできるので、やはり現代的ではあります。

S5150028.JPG
↑チャレンジタッチ

S5030021.JPG
↑ipad使用のハイブリットスタイル

我が家は慣れ親しんだチャレンジで選びましたが、最近はスキマスイッチがスマイルゼミのCMに出ていたり、デジサプリもたくさん宣伝していて、Z会もタブレット教材を扱うようになったりで、各社がタブレット教材を出しています。
学校教育でもタブレット導入については話題になっていましたが、家庭で行う通信教材のほうが全体的な取り組みが早く進んでいるように思います。

試験的に学校でも一部で授業に用いられたと聞いたことがありましたが、企業の方が1歩先を行っているような印象ですね。
お金の問題だったり、制度やシステムの問題もあって難しいのかな、と、素人考えですがそう思いました。
実際のところは違うかもしれませんので、間違っていたらすみません。

でも、うちもそうですけど、やりたい人がお金を払ってやる通信教材とはきっと違いますよね。

さて、新年度、今のところはまあ順調にそれぞれ進研ゼミプラス+に取り組んでくれています。
チャレンジしかできないチャレンジタッチと違って、制限をかけているといっても他の目的でも使用できるようにしているipadを使用するのには約束を作ってから使用しなくてはなりません。

管理に大変なところはありますが、動画での授業や画面上の操作は楽しみながら取り組めて飽きることもなさそうなので、成績アップも期待できそうです!

気になっている方は資料請求や、お近くのイオンなどで行っている無料体験会を利用してみるといいですね。(日程はサイトにてご確認ください)

4月号入会「KANA-BOON」限定特典の締め切りは、2016.4/25(月)です!

お子さまのやる気を引き出し、成績アップに導きます。【進研ゼミ小学講座】

ご訪問ありがとうございました☆

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
posted by のんび at 20:22| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

チャレンジタッチで成績アップ?それともダウン?!

こんばんは、のんびです。
現在珍しく悩んでいることがあります。

と、いっても子どもたちの健康についてなどの深刻な悩みではないのですが、子どもたちの成績にかかわることなので、まじめに考えなければいけないと思って。

成績はいいに越したことはありません。
ですが、私は、成績をよくするという以前に、勉強が楽しいと思えるようになってほしいと常々思っています。

勉強が楽しい

楽しいから勉強する

勉強するから成績アップ

となってくれれば万々歳ですし(^^)

学校にいる間はほとんど勉強のために机の前に座っているんです。
勉強を嫌いになってしまったらその多くの時間を面白くない時間として過ごすことになるかもしれない。そう思うと、勉強は嫌いであるより好きな方がいいにきまっています。

そう思って、「勉強しなさい」と言う代わりに、付録などで楽しみながら取り組めるチャレンジなどの教材をさりげなく?与えてきたつもりです。
姉二人はそれで勉強に取り組む姿勢と習慣ができました。

問題は末っ子長男サンタです。
最初はチャレンジとチャレンジタッチをやって様子を見ていましたが、途中からタッチだけに切り替えました。ところが、ある日応援ネットで成績表を確認したら理解度が0%に!!

ご褒美見たさに毎日取り組んでいると思ったら、ご褒美を得るには取り組んだという事実だけあればよかったようで、まともに問題を解いていなかったんですね。
当然、学校の勉強の理解度も怪しい。。。

今は掛け算のバトルのようなゲームが配信されていて、そういったものは喜んでやっているのですが、漢字がものすごく書けなくて困っています。

本人さえ取り組めるのなら、今はまだ紙のチャレンジのほうがいいように思いました。

ただ、この従来のチャレンジも徐々に姿を変えてきているんです。
来年度からは、オリジナルスタイル、ハイブリッドスタイル、チャレンジタッチの3つの講座に分かれることに。

2年前、チャレンジタッチ開講で2つ選択肢ができたところで一度悩んだのに、また、またしても選ばなくてはいけないなんて〜(;_;)

ハイブリッドスタイルは魅力的で悩んだですけど、iPadの購入かレンタル費用が必要だし、イチコは今のままで行こうと決め矢先、やってきました、また案内が。

S4100001.JPG

そこにはなんと、「ポケットチャレンジDX」を使った学習のサポートは行いません。6年生用のSDカードのご提供もございません。と書いてあるではないですか!!

な、なんだってぇ〜!!(心の叫び)

。。。すみません、ちょっと、本当にショックだったもので(笑)

S4100004.JPG
↑[ポケットチャレンジDX]


これからは時代の流れで学習方法もデジタル化していくのでしょうし、それに伴う良い面もあるんだと思います。でも私の中では紙の教材を中心に書いて覚えながら、デジタルの副教材で理解を深める今のスタイルが一番しっくりきていたので。

iPadにしようとも考えたんですよ。
でもそうすると、毎日のデジタル学習+週1の紙テキストになってしまうので、今の紙中心の方がいいなと思ったんです。

そう思っていたんですけど、現在のままのスタイルはもうなくなってしまうんですね。

考えてみたら、紙なら紙だけで十分と思う保護者もいるでしょうし、3つに分かれるならばこれが自然の流れなのかも。※紙のテキスト+体験型教材はついています。


でも、でもね、ベネッセさん。
こう書いてあるならば、あと1年は使わせてほしかったんですよ。

S4100002.JPG

ハイブリッドスタイルを増やすための戦略ですかね?

個人情報の流出時も、チャレンジタッチの色の不具合の時も、そんなこともあるかと受け入れてきた私ですが、今回はまだ受け入れがたいです。

これも時代の流れで、ハイブリッドスタイル、受けてみたらとてもよかったと思うのかもしれません。いえ、きっと学習内容は実際に優れているんだと思います。

でもそれにはiPadの管理や費用、それから視力低下への不安もぬぐえません。

一度決めたのにまた悩み直し。

とりあえず、今のところの候補は、
イチコ、ハイブリッドスタイル
ニコ、オリジナルスタイル
サンタ、チャレンジタッチ。

S4100006.JPG

教材丸かぶりとか、何だかもったいないので、サンタはいっそのことポピーとかZ会に乗り換えるという手も考えたんですが、そうするとチャレンジイングリッシュの価格があがってしまうんですよね。

そして退会を躊躇するとか、まさにベネッセの思うつぼ(笑)

あと少し悩む時間はあるので、子どもたちと相談しながら決めて行こうと思います。

今回は愚痴のような記事に最後までお付き合いいただきましてすみません。
ありがとうございました☆

コース別教材/実力診断テスト/担任制赤ペン先生で、一人一人をしっかりサポート【進研ゼミ小学講座】>入会受付中!
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!




posted by のんび at 22:25| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ