2016年11月15日

今年勝手に実った植物はかぼちゃでした

こんばんは、のんびです。
ご無沙汰しておりますが、変わらず元気です(^^)

この記事、10月中に書ければハロウィンの時期にピッタリ?だったのですが、いつものようにのんびりしていて今になってしまいました。

今年勝手に実ったものシリーズ。
ブログの更新頻度は低いけれど、年数だけは重ねて、年に1度位なのに勝手に庭に生えてくるものを、シリーズ化できるほどになりました(笑)

もうタイトルに書いてありますが、今年勝手に実った物、それはかぼちゃです。

ここ何年かは冬瓜が出てきていたので、今年芽が出て葉が生い茂っている間は冬瓜が実るものだとばかり思っていました。

⇓過去の記事を読んでみたい方はこちらをどうぞ
今年勝手に実ったのは冬瓜でした


最初になりかけていた実はどういう訳か途中でダメになってしまったのですが、そのあと育った実がどうもかぼちゃっぽいと気が付いたのはしばらく経過してから。
最初から実が緑色で、皮の白い冬瓜とはどうも違うような気がしていたけれど、こんな感じだったかしら?と
ずっと思っていたのです。思い込みとは怖い物ですね。

初めて冬瓜ができた時にはかぼちゃじゃないかと思っていたのに、かぼちゃができた時には冬瓜だと思うとは。

よくご存知の方は簡単にわかるのでしょうけれど、素人目には冬瓜とかぼちゃの葉はよく似て見えます。

P1280506.JPG
真夏には青々と茂っていた葉も、台風の影響もあってか、写真に収めた頃はだいぶ枯れていました。

⇓かぼちゃの葉
P1280508.JPG

こちら、冬瓜の葉⇓
P1170603.JPG

冬瓜の方が先が分かれていると言うか、ギザギザしていると言うか、比べてみると違いがわかります。
でもたぶん、どちらがどちらか忘れて、来年出てきてくれたとしても、私はきっとわからないでしょう。。。

さて、かぼちゃの実がなったのはよいのですが、いつ収穫して良いのかがわかりません。
しかし便利な世の中になったもので、検索すると、かぼちゃを栽培されている方がたくさん解説してくださっていました。

すごく簡単に言うと、実の上部分のつるが横にひび割れてきて、さらに縦の線が入ってからが収穫時ということです。なんとなくはわかったけれど、ひびが入ってからどのくらいそのまま置いておいても大丈夫なのかとか、実際にはわからないまま。私の説明では参考にならないと思いますので、かぼちゃの収穫時についてきちんと知りたい方は、写真入りで親切丁寧に書かれている他の方のブログを参考になさってください。

P1280501.JPG
これは、ひびが入っているけれど、まだちょっと早そうですね。

P1280505.JPG
こちら、木にぶら下がって、ちょっとヒョウタンのようです。

収穫してから1〜2週間ほど涼しいところに置いてから食べた方がよいという情報を得たので、少し寝かせてからおいしくいただきました。

来年は何が生えてくるかな〜?なんて。
ちゃんと育てようと言う気持ちは起こらないようで(-_-;)

1年後も変わらずのんびり平凡に暮らせていたら、また書きたいと思います。
何気ない日常に感謝。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



タグ:かぼちゃ
posted by のんび at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ