2016年04月13日

植物成分防虫剤「森の香り」、ベビー服や子供服収納に使用していました。

こんにちは、のんびです。
みなさんのご家庭ではもう衣替えは終わっていますでしょうか。

4月に入って、さすがに冬物のダウンコートを着て出かけることもありませんが、時々急に寒くなると、家の中では真冬と同じような格好で過ごしたりすることもあるので、温かい衣類をしまうタイミングって難しいです。

最近は衣類を全部入れ替えるような衣替えはせずに、引き出しを入れ替えるだけでいいように収納する方も多いようです。それから、数が多いほど管理が大変になるので、枚数を増やさないという事も大切ですね。

なんて、私は全然できていませんけれど。
衣替えのアドバイスなどできる立場ではありません。むしろ誰かにしてほしいくらい。

最近では普通にドラッグストアで販売している防虫剤を買ってきて使っていますが、一時期は防虫剤も薬品が子どもの体に害はないだろうかと心配で、使うのをためらう気持ちがありました。

でも、防虫剤を使用しないでダニなどがたくさん繁殖するほうがアレルギーを悪化させる原因になるだろうし、自然の物のほうがいいのかなと思って色々と探してみたりもしました。

植物成分の防虫剤も使ったことがあります。

S5150008.JPG

これはかなり前に購入したのでデザインが違っていますが、現在販売しているのがこちら↓

P1270002.JPG
植物防虫剤タンス用 森の香り


モニターさせていただくことになって久しぶりに手にしたのですが、この香り!
袋を開けただけでかなり強い香りがしてきます。

ほのかに香る程度であればいい香りと思えるんですが、けっこうキツイです。
嫌な臭いではないけれど、とにかく香りが強いんです。

でもこの香りが害虫を寄せ付けないんようにしてくれるんですね。

30種類の植物から抽出した成分「フィトンα(森の香り)」とのことですが、私のイメージする森林の香りとはまた違って、やや甘い感じがします。

S5150007.JPG

直接触ると手に匂いがつきます。

タンスの引き出し約50Lに2包、蓋つき衣装ケース約100Lに2包が標準使用目安です。

有効期間は約3〜4カ月(密封場所であれば約6カ月効果が持続)
香りがなくなったら取り換えるのですが、6カ月過ぎても全く香りがしなくなっている訳ではありません。

ただ、開けたての時とは比較にならない位に香りは薄くなっているので、効果を考えたら使用期限の目安を守って取り換えたほうがよさそうです。
だいたい衣替えで衣類を入れ替えるときに新しいのを用意しますしね。


S5150006.JPG


S5150003.JPG

フィトンチッドとは、植物がムシから身を守るために放出する揮発成分なのだそう。
植物だからって絶対安全とは言えませんが、コンセプトは「ムシを殺さずに寄せ付けない」。体に害のない製品だそうですから、こんなのを探していた!という方も多いのでは?

ダニは目に見えないので数が減った!とは言い難いのですが、防虫効果はしっかりとありそうです。久しぶりに出した衣類が虫食いになっていたとか、ダニに刺されたとかいうことはありませんでした。

結局のところ、どのメーカーが本当に良いのかの判断はできません。
でも、今回また「森の香り」を使用して、今度また買おうかなと思いました。近所では販売していないものですから、急に思いついて手近なところで買えるものを買ったりしていましたので。。。

他にも、ゴキブリ、アリ、それからこれから悩まされる蚊よけなどもありますので、植物成分を利用した防虫剤にご興味のある方はご覧になってみてください。

敏感肌、アレルギー、花粉症などでお悩みの方へ、

このサイト必見!、お求めのもの必ずや見つかるはずです。


ご訪問ありがとうございました☆




posted by のんび at 15:20| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ