2015年01月24日

インフルエンザワクチンの予防接種に効果なしって本当?!

おはようございます、のんびです。
我が家では冬休みに猛威をふるったインフルエンザA型が学校でも流行りだしました。

何だかんだ言って、結局5人全員発症したんです。
A型にはかかって抗体ができているはずだから、今シーズンA型はもう大丈夫かなぁ、春先にまたB型にかかるかなぁと思っています。。。

そんな折、LINE NEWSに入ってきた、まさかの〈インフルエンザワクチンに予防効果なし〉のニュース。
WHOがインフルエンザはワクチンで予防不可と結論を出したとか?!

えぇ〜!!それは見逃せません。

読んでみると、内科医が話した言葉として、「『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と」書いてあります。

これに対して、ネット上で別の方がコメントや記事で、「WHOはインフルエンザワクチン接種を推奨しています。」と原文を訳して紹介されていたりします。

私は英文をパパッと和訳して解釈するなんて能力は持っていませんので、原文を紹介、和訳して解説されているうさうさメモ、うさじまさんの記事を読ませていただきました。
うさうさメモにはもっと詳しく書かれていますが、大事なところは、WHOは重症化や合併症の予防、死亡率を低下させることに大きな意味はあるとしており、結論は「妊婦、高齢者、子ども、慢性疾患のある人、医療従事者は毎年予防接種することを進める」ということだというのです。。

総合して考えると、感染を防ぐことはできないけれど、かかった際の重症化は防いでいるということ?

それって、今までも聞いたことのある話ですね。。。

感染の拡大を広げないという目的としてはどうなのか?というところも疑問なままです。

インフルエンザにかかって何かあった時には接種していたらと思うでしょう。
でも副作用の心配もあります。

結局、予防接種を打ったほうがいいのか、打たないほうがいいのか、と悩ませられるのは今までと変わらないのでした。

きっとまた1年後も悩んで、その上で判断することになるんでしょうね。

同じように悩んで答えを探して読んでくださった方、結局そういうことかとガッカリさせたらすみません。

結局、人間が生きていく上でリスクは避けられないということです。

ただ、今回の流行をみると、今流行しているA型に今シーズンのワクチンの効き目はなかったと言われても仕方なさそうですね。

B型の爆発的な流行はしませんように、と祈るばかりです。

「基本の手洗いなどで地道に予防していくのが一番大切なのかもしれません。」というのが、今の私の結論です。
posted by のんび at 06:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ