2014年08月25日

ひざの黒ずみに薬用アットベリーを使ってみました。

年々ひどくなっていると思われる膝の黒ずみに、薬用アットベリーを使ってみました。

P1140430.JPG
ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】


薬用アットベリーは、

ワキの黒ずみを何とかしたい
ブツブツのようなものがあってイヤ
吊革につかまるのに抵抗がある
ひざ・ひじの黒ずみが気になる
黒ずみで気になる部分がある
敏感肌でも大丈夫なコスメを探している



という方にお勧めの薬用わきジェルです。


有効成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

その他の成分
トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液‐4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na‐2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス‐1、クララエキス‐1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2‐ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸エチル、精製水、香料

P1140432.JPG

香料も入っていますね。

最初に香りを嗅いだ時に昔使っていたでんぷん糊を思い出しました。

香料のせい?それとも、香料以外の成分のせいでしょうか?
とはいっても、全く不快ではありません。
人それぞれ感じ方は違うと思いますが、それほど刺激の強い香りではないように思います。



一つ目のふたを開け、

P1140460.JPG



中蓋を取りました。

写真ではクリームという印象に写っていますが、実際には半透明に近いジェル状です。

P1140462.JPG


使用量目安のさくらんぼ大を取ったら、気になる部分に塗り込んでもまだ余る位でした。

P1140464.JPG


ぬったばかりの箇所でも、しっとりサラサラ。べたつきません。

P1140466.JPG


普段何もしない乾燥ぎみの膝。

P1140467.JPG



薬用アットベリー使用後のおひざ。
あたりまえですが、ちょっと潤いました。

P1140473.JPG


でも、このあたりまえと思う事、言い換えれば、
普段からケアをしていなければ段々残念な状態になるのもあたりまえ
ってことですよね?

また更に言い換えると、
毎日お手入れしてあげれば、当然しないよりもよい状態を保てる
とも言えると思います。


左の膝だけ塗った状態。

P1140475.JPG


両方の膝に塗った状態。

P1140476.JPG


ちょっとわかりにくい、しかもお見苦しいお膝で申し訳ありません。


使用時のポイントは、
@ジェルを浸透しやすくするために気になる部分の汚れをきちんと落とす。
Aさくらんぼ大ほどの量を手にとってやさしく塗り込む。
B手のひらの体温をル買ってジェルを浸透させる。


子育て中のママにも嬉しい
化粧水+美容液+乳液のオールインワンで時短お手入れ。


合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコール不使用の低刺激性処方。
(合成香料ではないということですが、では何なのかが気になるところ。。。)


脇、ひざ、ひじ、二の腕、お尻、小鼻、首すじ、顔、目元、色んな部分に使えます。
主に一番気になるひざに使うならば、長い期間使えそうです。

乾燥も黒ずみの原因となっているそうなので、きちんとケアしていきたいと思います。

詳しくはこちら♪
ワキや二の腕などの黒ずみに!【薬用アットベリー】






posted by のんび at 01:16| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ