2013年09月08日

どっちのチャレンジ登録キャンペーン チャレンジタッチについて

今朝、ふと、ひらりと落ちているチラシを発見。
(いつも何かしら床に落ちているので、毎日拾い集めてます。。。)
チャレンジと一緒に届いていた1枚の案内書でした。

ちゃんと読んでいなかったので、その内容にビックリ!
2014年4月号から、チャレンジもとうとうタブレット教材を取り入れるそうです。

じゃあ、今までのチャレンジは?
と、心配になりましたが、従来の紙の学習を中心にしたスタイルと、タブレット教材が選択できるとのこと。
そして、このタイミングでチャレンジタッチの詳しいお知らせがやってきました。

基本アナログ派ののんびとしては、今までどおりの紙のテキスト&副教材というスタイルが安心なのですが、時代に合わせて行くという事を考えたら、子ども達のためにはタブレットがいいのでは?!と、悩みます。。。
のっちにパンフレットを見せると、タブレットがいいな、と言いました。


子どものタイプ別に選ぶポイントとして、

チャレンジ
@本を読むことが好き
A自分のペースでコツコツと取り組むことが好き

チャレンジタッチ
@学校の授業など話を聞いて理解する方が好き
A文章を読んで理解するのがあまり得意でない

が、挙げられています。

我が夫、のっち、もういい大人だけど、まさにチャレンジタッチに向くタイプ。。。
一方、子ども達のほうはというと、イチコは毎回テキストが届くと隅から隅まで読んで、テキストにもだいたい自分で取り組んでいます。
ニコは、それなりに本は読むけれど、コツコツやっているとは言えないですね、、、

こうして比べると、最終的にチャレンジタイプの子供に育ってくれるのが理想ですが、今のチャレンジをやらせるのが大変、おうちの人が忙しい、というご家庭ではタブレットが活躍してくれそうな気もします。
親目線からの利点としては、毎月の教材がデータ配信されるため、ほとんどの事がタブレット1台で済むとなると、余計な物が増えないのがうれしいですね。

どちらにもそれぞれの良さがあるので本当に決めるのが難しいところです。
肝心の子どもたちに聞いてみました。
これを見たらタブレットがいいと言うだろうとの予想通り、最初はチャレンジタッチを選びましたが、最終的には今まで通りのチャレンジがいいということに。
決め手は、努力賞でした。チャレンジタッチになると、努力賞制度はなくなり、代わりにごほうびアプリがもらえるのだそうですが、そちらはあまり興味がないようです。

実際チャレンジタッチに触れたならば、きっとそれを目標にがんばるのでしょうが、今目標にしているものがあるのでチャレンジはやめられないみたいです。
(1年生から目指した努力賞がもうすぐやっともらえるイチコと、それに憧れるニコ。)

それでもタブレットも気になる!という私に朗報?!
実は、両方受講することもできます。
ただし、受講費はそれぞれ払わなくてはいけませんけれど。
どちらも受講費は同じですが、両方受講の場合はチャレンジタッチの受講費が10%引きだそうです。

両方受講、できるものなら試してはみたいですが、
チャレンジ2年生を12か月一括払いの場合、月あたり2630円(1カ月払い3250円)
チャレンジ、チャレンジタッチ両方で、4997円(1カ月払い6175円)
チャレンジ4年生を12カ月1活払いの場合、月あたり3980円(1カ月払い4730円)
チャレンジ、チャレンジタッチ両方で、7562円(1カ月払い8987円)
+サンタのチャレンジとなってくると、う〜ん、、、
塾に比べたらまだ安いけれど、う〜ん、、、思わず2度うなってしまいました(^^)

まだ今すぐに決める必要もないので、もう少し考えて登録しようと思います。

チャレンジ、チャレンジタッチについて、もっと知りたい方はこちらから↓
(チャレンジタッチについては、会員の方へというお知らせから探せます。)
お子さまの教科書に合わせた教材で、わかりやすく理解できるようにサポート【進研ゼミ小学講座】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児(習い事) ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by のんび at 17:19| Comment(0) | 教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ